公式ルール

ルール概要

スポーツ雪合戦®の競技概要

  • ・競技時間内に、雪球を相手チームの競技者に投げ当てる。
  • ・競技時間内に相手チームのチームフラッグを抜く。
  • ・3セットマッチ(1セット3分間)で、2セット先取したチームを勝ちとする。

チーム編成について

  • ・1チーム10名を基本とし、試合出場選手7名、補欠選手2名、監督1名で構成する。ただし、最低7名でも競技に参加できる。
  • ・競技者はフォワード4名、バックス3名で構成する。
  • ・監督は、競技者を兼ねることができる。

競技者について

  • ・フォワードは、自コートのバックラインより前方のすべてを競技範囲とする(自陣バックラインから後方には下がることはできない)。
  • ・競技者はフォワード4名、バックス3名で構成する。
  • ・センターラインを超えて相手コートに4人目の競技者が入ったチームはそのセット負けとなる(競技者がセンターラインを越え相手コートに入ることができるのは3名以内)。
  • ・競技者交替は、セット間で行う。
  • ・ 一度交替した競技者でも、次のセットで競技に復帰できる。

コートについて

  • ・ 長さ36m、幅10mのコートを使用、コート内にはシェルター5基、シャトー2基の壁があり、双方にチームフラッグを立てる。
  • ・コートの長辺をサイドライン、短辺をエンドライン、コートを二分するラインをセンターラインという。また、センターラインと  エンドラインの間に引かれるラインはバックラインという。
《長さ36m、幅10mコート》
コート図1

雪球ついて

  • ・雪球の大きさは直径6.5~7cm、1セットに使用できる数は90個。
  • ・3分の2以下の雪球、アウト競技者が持っている雪球、コート外にある雪球、コート外から入ってきた雪球は無効雪球となる。
  • ・無効雪球を使用したときは、アウトとなる。
  • ・競技中に壊れた雪球を、さらに雪を加えてつくり直した雪球、他の雪球と合わせてつくり直した雪球、競技中に新たにつくられた雪球は不正雪球となる。
  • ・競技中不正雪球をつくったときはアウトとなる。
  • ・雪球の受け渡しは、直接手渡しで行う、コート上に置く、コート上をころがす、シェルター・シャトーの上に置き行う。

勝敗条件について

  • ・競技者1人を1ポイントとして計算します。雪球が体の一部に当たるとアウトとなり、その選手はコートから出る。
  • ・セット内における勝敗の決定、ポイントは以下の通り。
相手競技者全員をアウトにする セットが終了し、10ポイントを獲得する。
相手チームのフラッグを抜く セットが終了し、10ポイントを獲得する。
3分経過した時点で競技が続いている場合 時間終了となり、コート内の人数でポイントを計算する。なお、同点の場合は引き分けとなる。

・最終勝敗の条件は以下の通り。

取得セットが同じ場合 全ての取得ポイントを合算して勝敗を決する。
取得セット、得点ポイントが同じ場合 ビクトリー・スロー(VT)合戦で試合の勝敗を決する。

公式用紙ダウンロード

ルールブック&DVD

ルールブックについて

ルールブックはポケットサイズの冊子を販売しております。

販売価格:1,000円(税込) 送料  :300円

ご希望の方はこちらから、 もしくはお電話ください。TEL:026-217-0200

ルールブック 写真

ルールDVD「Let’s YUKIGASSEN」

販売価格: 2,800円(税込) 送料  : 300円

ご希望の方はこちらから、 もしくはお電話ください。TEL:026-217-0200

本DVDにおきましては、第一版のルールブックに合わせ作成しており、一部改正内容が反映されておりません。 ルール改正後の訂正箇所につきましては、下記をご参照ください。

ルールDVD 写真
ルール改正後の訂正箇所
1.競技の開始・中断・終了
《第一版》 審判の判断で中断した場合、競技者はそのまま、雪球を持った状態でその場に留まり、審判の指示に従いバックライン上に1個以内の雪球を持って整列し、審判員の合図で再開します。 ↓ 《第二版、第三版》2015.12.1改正 審判の判断で中断した場合、競技者は雪球すべてをその場に置き、審判の指示に従います。再開時競技者は自コート内にある雪球を1個持つことが出来ます。再開は開始時と同様にバックライン上から行います。
2.禁止行為
《第一版》 禁止行為⑦ 「開始時および再開時のフライング行為」 ↓ 《第二版、第三版》2015.12.1改正 禁止行為⑦ 「開始時および再開時のフライング行為」 ⇒削除 ⑧、⑨⇒⑦、⑧に変更 フライング行為は禁止行為ではなく、アウト宣告となります。
3.コートサイズ
《第一版 第二版》 バックラインの引かれる位置は、エンドラインから8mのところとする。 ↓ 《第三版》2017.12.1改正 バックラインの引かれる位置は、エンドラインから6mのところとする。 上記変更に伴い「第2シェルター」「フラッグ立て」「VTライン」の位置は、エンドラインから8mのところとする。

確認事項(改正による申し合わせ事項)2015.12.1より適用 セット開始時のフライングの後、再び開始する際に選手が持てる雪球の数は、2個以内とする。

ルールブック、DVDのご希望、およびルールに関するお問い合わせは こちらからお寄せください

お問い合わせはこちら